綺麗になるためには、肌年齢より○○年齢!


お顔が老けた・・・

お顔がたるんできた・・・・

 

 

これも腸とリンクしているって知っていました??

 

 

腸のエキスパートのドクターによると、
お顔のタルミはがあると腸も同じようにたるんでいるそうです。

 

おなかの中は外から見えませんが、
腸の位置は人によって様々な形に収まっているそうです。

お肌が老化すれば(皮膚全部ですが・・・)、当然、腸も老化しています。

 

 

そして、さらに腸の中が大切です!

 

キレイのもとは、腸内細菌です!!

 

 

「腸内フローラ」ってこの頃聞く単語ですね。

 

腸の中にお花畑(フローラ)があるんです!!

 

 

腸の壁にはたくさんのひだがあり、小腸はテニスコート一面分と言われています。

そのひだを開いた状態で、特殊な顕微鏡で見ると、様々な菌がいて「お花畑」のようなので、
「腸内フローラ」というそうです。

 

なんか、いろんな花が咲いていて綺麗そうですね~!

 

でも、良いお花だけでなく、悪いお花もあるのです。

 

 

腸内細菌は3種類に分類されます。

 

美容と健康に役立っている「善玉菌」

老化を促進する「悪玉菌」

善玉になったり、悪玉になったりする「日和見(ひよりみ)菌」

 

この3種類の割合が、「善2:悪1:日和見7」になっていることが、腸内が若いということなんですね!

 

腸内細菌のバランスが、肌にも体にも影響を与えるわけですね。

 

 

「肌年齢」より「腸年齢」が気になりますよね!!
そのお肌のもとになるのが、「腸」の中の細菌のバランスなのです。

 

 

冷え性や生理不順、便秘や下痢、婦人科系疾患、アレルギーなど
便が毎朝出ない方、おなかが張ったり、便のにおいやおならのにおいが臭い方、

そんな時は腸の中を気にしていきましょう!!

 

 

あなたのおなかのお花畑には、どんなお花が咲いているのでしょう。

 

 

⋆おなかが気になる方はこちらから↓

 image017