からだの中で感情がたまる場所って??


日本語で、おなかは感情や本心を表現することがあります。



「腹が立つ」「腸(はらわた)が煮えくり返る」
「腹を割って話す」
「~をしようという腹」
「腹黒い」

・・・などなど。

 

何か、おなかの中にエネルギーがあるような感じがしませんか??

 

小腸と感情の関係

腸は自律神経と密接に結びついていて、感情と深く関係します。

心配事があると、胃が痛くなりますよね。

そんな風に、胃の近くには「不安」が、
おなかのずっと下のほうには「恐れ」が、
おへその両脇には「悲しみ」が、
他に、悩みや怒りがたまる場所があると言われています。

 

ため込んでいるマイナスのものは、できるだけ早く解消したいですよね。

図:「1日3分「腸もみ健康法」」より

 

 

そこで、腸のマッサージがおすすめです!

 

腸内は血管やリンパ節がたくさんあるところ。

 

おなかをマッサージすることで、老廃物や余分な水分をだすことができたり
皮下脂肪やこびりついた内臓脂肪を分解することができます。

 

「宿便」が出やすくなります。

 

添加物や有害な化学物質は、知らず知らずのうちに体内に取り込まれていて
この腸内に解毒されないまま宿便としてたまっていると言います。

 

食品添加物や農薬などは、気づかないうちに必ず体の中に入っています。

 

出すことって、本当に大事ですね!!

 

肥満や、体調不良、ニキビ、生理不順、不眠、アレルギーなど
「免疫力」や「自然治癒力」が下がってきている証拠かもしれません。

 

おなかを温めて、マッサージすることだけで体調が良くなるって嬉しいですよね!


体調や感情をメンテナンスできる、腸のマッサージをぜひ生活に取り入れてみてください。
詳しくはサロンにて。

 

 

⋆サロンでは、冬の温活メニュー割引中!

image017