「エステなんか」


「エステなんて」
「エステなんかいらない」

・・・そんなフレーズを言われたり、聞いたりしたことがあります。

 

エステティシャンも「エステっていう単語は使いたくない」という方も・・・。

 

「本物のエステティック」のことをまだ知らない方が多いです!

 

今だに、「エステは怖い」「エステは悪徳」など、そう思っている方もいらっしゃいます。
特に地方の方で中年以降方が多いようです。

 

一時、バブルの時代に、「マシンだけ買って開業」「高額な化粧品を売りつける」「素人がやっている」ような
エステサロンで嫌な経験をされたお客様もいらっしゃるかと思います。

 

 ものすごい勧誘で化粧品やコースを売りつけるというような悪徳エステサロンが横行したので、
そのトラブルが新聞記事なりニュースになり、この業界が信用されなくなった時代がありました。

きっと今も悪徳業者はいるのでしょう。

 

また、エステティシャンも時代の汚点から、職業人としての「誇り」をもっていない方もいらっしゃいます。

 

 

 ・・・ですが、業界は信用を回復しています!

しっかりと勉強をして資格を取り、サービス業として真摯に活動してるサロンがすでに多いからです。

 

 

本当の、そして本物のエステティックは、

 「その方がその方らしく生きる」為のお手伝いができるという仕事です。

 

 

化粧品やマシンはただの「ツール」です。

 

ただメニューを受けに来るのではなく、それを通して、
その方が磨かれ、輝いていく、そのサポートをするお仕事なのです。

 

特に直接肌に触れるタッチングから、五感のすべてに働きかけ、
こころとからだがその方本来のものに戻っていけるように
導くお仕事です。

 

 美容業はすべて、その方を外面と内面から幸せにするお仕事です。

 

 

「こんな風に、ひとに大事に触られたことがない・・・」と、お客様に言われたことがあります。

 

私たちは、お客様を大切に思い、こころからのタッチングで表現する表現者です。

 

 

お疲れがたまったとき、

精神的につらいとき、

お悩みで頭がいっぱいのとき、

誰かに何かを聴いてほしいとき、

からだと共にこころもほぐしてほしいとき、

 

 

そんな時に、本物のビューティーセラピストがいるエステティックサロンに

ぜひいらしてください。

 

 

私たちは、この仕事に誇りをもって、社会から高く評価される業界をつくるため
日々頑張っています。

 

 

image011